梅田蔦屋書店レポ♪書店を超えた!?素敵なサービスまとめ

梅田蔦屋書店がすごい!イラストレポ♪

 こんにちは♪大阪のイラストレーター、いぬいさえこ@Inui_Saekoです。

 

大阪駅すぐの梅田蔦屋書店、1度行ったら魅力にはまって足繁く通ってます!

 
普通の書店にはないサービスと、感性を磨いてくれる仕掛けが満載。
 
ビジネスマン、フリーランス、共働きパパママに特に熱くオススメです♪

梅田蔦屋書店とは?場所と行き方

ルクアイーレ入り口 梅田蔦屋書店へのルート

まず、梅田蔦屋書店とは?
 
2015年に大阪駅直結のビル「ルクア・イーレ」9Fにオープンした本屋さんです。
 
ルクア1100の9階に梅田蔦屋書店があります。ルクアではありませんまぎらわしいですが、2本立てビルの、「ルクア」じゃなくて「ルクアイーレ」の方です。よく迷いました(^^;ゞ
 
JRの3Fの改札を出ると、左右にビルがあるので左手のビル、1100(イーレ)に入って、エレベーターで9Fまで上がって下さい♪
 

煎れたてコーヒー片手に、ふわふわのソファで読書♪

スターバックスのコーヒーを楽しみながら読書タイム

スターバックスのドリンク片手に、本屋さんで優雅な読書タイム。びっくりするのは「立ち読みOK」どころか「座り読みOK」な所!!!

 

あろうことか、いい家具屋さんににおいてあるようなフッカフカの広いソファーのテーブル席が「座り読み」のためにご用意されていて

 

購入前の本も読んでOK

買う前の本を楽しんでOK(持ち込み一人3冊まで)なんです。

 

ソファースペースの横にはスターバックスも併設されていて、挽きたて豆の癒される香りに包まれながら、熱々コーヒー片手にじっくり読書が楽しめます。

 

書店併設のカフェで購入したフードのみとのことですが、飲食OKってすごいですよね。

 

※スターバックスの他にもパスタ等あるレストランや、期間限定でアイスクリムー屋さんの出店もありました♪

のんびりしたソファ席で極上の時間

森林のの癒やし効果!?緑があると落ち着いて読書ができます※爽やかな森のイメージ画像。緑の癒やし効果か、ほっと出来る空間に。

 

さらに空間づかいも贅沢で、隣のソファーとの間にはたっぷりとしたスペース。

 

吹き抜けのような高い天井に大きな木が植えてあって、緑あふれるラウンジ。

 

まさに「ガーデンラウンジ」の名に偽り無しです。

 

ソファに座っているだけでなんとも気持ちが良い、落ち着いてて開放感のある空間になっています。

 

行くたびに「贅沢ってこういう時間のことを言うのね…ゲヘヘ…」と至福のひと時を満喫してます。

 

落ち着いた照明とおしゃれな店内で、極上の居心地

何度も通いたくなってしまう大きなポイントのひとつは、これ。

 

空間づくりが絶妙なんです。

 

せっかくレポなのでこの素敵な空気感、写真でお伝えしたいのですが店内は撮影が禁止…!

 

公式の梅田蔦屋書店さんの、店内が写っている写真のツイートを紹介します。

大人の隠れ家といいますか、シックで落ち着いたムードいっぱいの雰囲気♪
まったり長居してしまえる、癒やしの空間です。

 

テーマごとに雑貨コーナも!グッズの買い物も出来る

店内には書籍のジャンルと融合した各種、雑貨のコーナーが点在しています。
 
文具、ステーショナリー、雑貨、エコグッズなどのコーナがあり、ショピングも楽しむことが出来ちゃうのも魅力♪
 
気になるものを、本で読んで、実際に手にとって、多角面から知ることが出来ます。
 
特集・解説してある関連書籍と一緒に、実際のツールや雑貨が展開されていると、世界に入りやすくなりますし、興味も深まります∩(`・ω・´)∩ワクワク!

書店内にクロークもある!

荷物の多い冬場やショッピング客にはうれしい心配り

 

初めて訪れた日は結構ズッシリしたコートを着ていました。

 
店内は暖かかったので、ずっと手に持って本を探すのにチョット荷物…。
 
ロッカーとかあったら便利だなぁ~とか思いながら店内をウロウロ。
 
そこにクロークの文字を発見! 
 
ワオ!クロークって格好いいな!
 
しかも本屋でクロークて!!と興奮しながら、さっそく利用してみました。
 
クローク初心者!?の小市民の私は内心ドキドキ…
 

梅田蔦屋書店のクロークのイラスト。荷物を預かってもらえます。

簡単なメモのような引換券に記入して、受付の方にコートを手渡し。
 
おおおぉ…ここはホテル?
 
丁寧にハンガーに掛けて下さるのに、お金いりません
 
そこいらのロッカーなんて全部セルフサービスにも関わらず100円いるのに!笑
 
荷物いっぱい買い物帰りとか、冬場はアウターやマフラー帽子手に抱えて…とか、やっぱり本読みにくいですもんね。
 
居心地の良い空間づくりというのを本当に考えられてるんだなぁ…と思います。
 
おもてなしですねぇ。(o´∀`o)
 

書店で味わえる上品でエレガントな体験

白シャツとスーツを着こなすコンシェルジュが、気持ちのいい応対で衣装を預かってくれる…。
 
こういう上品で気持ちのいい応対って、1万円のフレンチとか、2万円の宿泊とか、3万包んでいって結婚式場のお呼ばれとか、そういう空間に行かなくっちゃ味わえない!?というイメージがあります。
本屋で選ぶ時のように、短時間、集中して!
その分本を買う(文庫本ならワンコイン!)ただそれだけで、このエレガント感のある体験ができるのは、なんだか美味しい気がするのは私だけでしょうか!?笑
 
※レシートとか別に必要ではなかったので本の購入とは直接関係なく、クロークは利用できると思います。
 
でもこんな丁寧にしていただいて、手ぶらで帰るのもは気が引ける…!って思っちゃうくらい、ちょっとウキウキ体験でした。(o゚ω゚o)
 

蔦屋書店オリジナルのブックカバーはとてもオシャレ!

蔦屋書店のブックカバー。デザインが洗練されています

本を購入するとレジカウンターでカバーつけてもらえます♪

 

これが蔦屋書店オリジナルデザイン。白黒モノクロームのデザインで、知的でスタイリッシュなデザイン。

 

このカバーで本読んでたら「ちょっとインテリジェンスな本、読書してますよ感」を醸し出すことができるかも…!笑

 

書店を超えたサービスは一見の価値あり!

梅田蔦屋書店レポ♪書店を超えた!?素敵なサービスまとめ、いかがでしたでしょうか。

 

魅力的なサービスでゆっくりくつろぐ事もできますし、たくさんの本との出会いで、モチベーションあっぷにもなります♪

 

これまでの書店を超えたサービスで、少し異世界に小旅行したような、リフレッシュ感が味わえちゃいますよ。

 

行くと不思議との「ちょっと気になる!」「やってみたい」がたくさん生まれて、モチベーションUPできるのが魅力

 

是非足を運んでみて下さいヾ(o´∀`o)ノ

蔦屋書店・読書をもっと楽しみたい方へ 関連記事

梅田蔦屋書店がすごい。行くたびにやる気と好奇心UPする空間づくり

 

読書の効果を高めるコツ 知識と情報はタイミングが命!

 

読書におすすめの習慣術~毎日10分だけでも効果あり

本屋さんを愛するあなたへ おすすめ本

SNSでもご購読できます。

Ad