片付けるほど超お得に!お金×住居費コスパの秘訣

片づけと掃除 お部屋を綺麗に。ほうき

こんにちは♪大阪のイラストレーター、いぬいさえこ@Inui_Saekoです。  

毎日の片付けって大変ですよね。

 

特に小さい子供がいたりするとあっという間に散らかってしまうし、 毎日同じことの繰り返しで、モチベーション下がっちゃったりしませんか。

 

そんな時、わたしは「片付ければ片付けるほど、得をする!」と考えて、片づけスイッチをキュピーンと押しています。笑

 

実際、同じ家賃(住宅費)ならキレイなお家に住んでいたほうが断然お得。その理由はこちら

きれいにすればするほど、得する。

広くてエレガントなホテル
 
例えばホテル予約する時、清掃が行き届いてない小汚いホテルと、ピカピカで素敵なインテリアが置いてある優雅なホテル、同じ宿泊費なら断然きれいなほうを選びますよね。

新居や引越し先を探す時も同じ家賃やローンなら、エントランスがキレイに掃除されてたり、部屋の設備や壁紙も新しくて綺麗なほうを選びたい所。

 
このように同じ住居費なら、キレイな家に澄んだほうが断然お得なんです。
 
家は一度入居すると、「キレイな住まいで過ごす」というコスト意識に、目が向かなくなりがち
 
足の踏み場の無いほどグチャグチャなお家でイライラ1日過ごしても、清潔に片づけられたホテルのような居心地の良い清潔で、優雅で心豊かに1日過ごしても同じ住居費が発生します。
 
同じ住居費を払うなら、断然キレイなお家で過ごしたほうが、断然お得ですよね。

キレイなお家に住むと、相対的に家賃が安くなる

教授が伝授する学費のコスパ

本と読書、勉強綺麗にすればするほど、得をする。こう考えるようになったきっかけは、大学入ってすぐのオリエンテーリングで教授が言った一言。
 
「君たち学生は学費が高い高いというが、確かに勉強しなければ、べらぼうに高い。お金をドブに捨てるようなもの。しかし、大学の学びの場をドンドン利用して、たくさん学べば学んだだけ、どんどん学費は安くなっていく
 
学費本当に高い…!と心のそこから思っていた私は目からウロコでした。
 
なるほど。「学費の元を取る」どころか、大学側が損した!てくらいこっちが勉強してやれば、超お得な4年間の学生生活が送れるのか…!
 
「お得」に弱い貧乏性の私は何かのスイッチが入りました。笑 大阪人はお得大好き…。
 

利用すれば元をとるどころか、さらにどんどんお得になる。

おかげで、かなりアホな学生でしたが、大学時代は貪欲に本読んだりせっせと研究したりしていたように思います。
 
あの時貪るように読んだ本、ゼミで一生懸命考えたこと。必至に論文を書いたこと。いろんな人に直接話しを聞きにいいってインタビューしたこと。
 
いま仕事をする上でも、クライアントさんの課題を共に考え、提案していくための思考の土台にガッチリ根付いてるな…と仕事をしながら感じることが日々増えてきました。
 
学費高かったですけど、元はとった!という満足感はあります。貧乏性でよかった。笑
 

自分で価値を高めることで、お得になっていく

お金のコストパフォーマンス お得以来学費にかぎらず、生活のあらゆる面でこのお得メソッドを当てはめて考えるようになりました。
 
なにかしら発生するコストに対して、自分が価値を高める働きかけをすることで、相対的にどんどんお得になっていく!
 
 例えば、住居費という毎月発生するコスト。
 
賃貸なら引っ越、持ち家ならローン完済でもしないかぎり、今固定でかかっている住居費を直接安くすることは出来ません。
 
しかし、きれいな家に住めば相対的に住居の価値があがります。
 
100円でじゃがいも詰め放題!なら、いっぱい詰めたほうが得。
1000円食べ放題バイキングなら、美味しいものたくさん食べたほうが得。
10万の家賃やローンなら、綺麗で優雅な部屋で過ごしたほうがお得。
 
貧乏性かもしれませんが(笑)固定費に関していつも思い浮かべるお得メソッドです。
 

どれだけ豪邸に住んでも、片付けてないとコスパ最悪

 お得の逆バージョンもあります。
 
以前テレビで芸能人のお宅訪問!という企画を見た時のこと。
 
もともと片づけられないのが悩みのタレントさん、物が多すぎて散らかりまくり、家が手狭になりさらにひろ~いに新築の豪邸を購入したものの、3ヶ月ほどでたちまち物が散乱する汚部屋に。
 
インテリア見るのや片づけが趣味だった私は、もったいなーい!と大声で叫びたくなりました。
 掃除道具 バケツとほうき 整理整頓と片付け
テレビを見た当時、私は大学生で実家ぐらし。
築30年超えマンションで、壁紙も古いし水道やガス台も昭和感ありまくりのお家。
 
それを日々チマチマ磨いては、おされなお家風にインテリアや配色を考え、設備は古くても、せめて小奇麗に清潔感を出し…と毎日せっせと片付けていました。
 
しかし築30年の蛇口や壁紙はは汗水たらしてピカピカにしても、古さ感は否めない。限界があります。(^o^;) 理想のモダン綺麗なインテリアには中々遠い。
 
新築ピカピカ豪邸を買ったタレントさんを見て、あれだけ何もかも綺麗な新居に住めたら、掃除もめちゃ楽しいはず。
 
ちょっと掃除するだけで自分の理想のお部屋にできるのだから。毎日ホテルのような清潔で整えられた部屋で優雅に過ごせるだろうに…!
 

心の底から「宝の持ち腐れだなぁ」と、深く感じました。今も鮮烈にその感情が残ってます。
 

家を綺麗にすることで生まれる価値

 家族の笑顔 笑うママと赤ちゃん

 

綺麗に片づけられた部屋で、のんびり広々心地よく家族が過ごせることは、大きな価値があります。
 
赤ちゃんがいれば、誤飲やケガのリスクもグッと下がりますし、清潔をキープできるこごでカビやダニ、風邪からも守ってあげることができます。
 
なにより気持ちの面でも、大きなメリットがありますよね。綺麗な部屋、ゆったりとしたスペースは心の余裕を生み出します。心の余裕は、家族みんなの笑顔を生み出します
 
これは何億の新居を購入したからといって、直接手に入るものではないのかもしれません。

賃貸でも、築何十年でもOK

いま自分の手で生み出せるとてつもなくキラキラした価値なんだと私は思います。
 

片付ければ、貯金も増えていいことしかない。

お金・貯金とコスパ

片付けるほど超お得に!お金×住居費コスパの秘訣、いかがでしょうか。

 

さらに美味しいのは、常に片付いた家を心がけると、ムダな物を買わなくなるというメリットもあるんです。

 

いつも整理整頓されているので探しものや、家にあるのにまた買ってしまった、ムダ買いがありません。

 

また、広くて綺麗な状態を維持したい!と思うので、必要最低限のインテリアしか置かない為、本当にめったに買い物をしません。

 

綺麗で広いおうちに住める上に、支出が減り貯金が増えるというダブルのお得効果もあります。

 

結婚しても、相変わらず築30年超えの中古マンションに暮らしてますが、日々せっせと片づけては「月○円のローンで、こんだけキレイなお部屋でユッタリ過ごせるなんてすごいコスパやなぁ…。」とニヤニヤお得感を堪能してます(笑)

 

毎日の片付けに消耗されてる方、是非お試し下さい~♪ヾ(o´∀`o)ノ/

SNSでもご購読できます。

Ad