天王寺動物園 1歳児が喜んだスポット ベスト3【2017年大阪おすすめ 】

フサオネズミカンガルーのイラスト カンガルーのようにピョンピョン跳ねるよ

こんにちは♪大阪のイラストレーター、いぬいさえこ@Inui_Saekoです。

 

大阪市にある天王寺動物園へ、混雑覚悟でゴールデンウィークの子供の日に1歳息子を連れて遊びに行ってきました!気合入れておよそ全ての動物のコーナーを制覇しましたが、子供は楽しくもちょっと疲れちゃったようでクタクタモード(^o^;)

 

1歳の子だと長時間人混みだと疲れちゃうだろうし、園内全部回らなくてこどもが楽しめるコーナーをギュギュッと見せてあげたい!と思われる親御さんもいらっしゃるのではないでしょうか。そんなパパ・ママのために、1才児のテンションが上ってたコーナーをランキングでご紹介します。

 

【はじめに】好きな動物は人それぞれ…
ちびっこのテンションが上がりやすいのは

天王寺動物園の白くま、ガラス張りのマドから見るのがオススメ!もちろん好きな動物は子どもによって千差万別とは思うのですが、天王寺動物園内で、うちの子も含めちびっ子のテンションが上がっていたポイントは「動きがあって」「より近くで見れる」動物のコーナーという傾向にあったと感じました。

 

こども本人が知っている動物でも、グーグーお昼寝中で動かなかったりするとかなり反応が薄かったです(^o^;) 

 

そんなわけで、ちびっ子(1歳息子)が興味深そうに楽しんでたコーナーはこちら!

 

天王寺動物園で1才児が喜んだ
3位
夜行性動物舎

夜行性動物舎では、至近距離でよく動き回る小動物が見られる!

大阪市天王寺動物園 マップ 夜行性動物舎の位置

夜行性動物舎は、新世界ゲートから歩くと奥の方角、てんしばゲート側にあります。

天王寺動物園には、夜に行動する生き物を集めた夜行性動物舎があります。夜行性なだけあって舎内は結構暗く一歳児は怖がらないか?と心配したものの意外にも平気の様子。

 

目も暗さにすぐ慣れるようで、チョコチョコと素早く動きまわる動物ををしげしげと見つめていました。夜行性動物舎小動物が中心のためガラス越しのケージで至近距離で見られるのと、動物たちもチョコマカとよく動き回っているので1歳児には近い!よく動く指数も高くワクワクするようです。

 

夜行性動物舎にはどんな動物がいるの?

印象に残っている動物をピックアップ!

フサオネズミカンガルーのイラスト カンガルーのようにピョンピョン跳ねるよ

フサオネズミカンガルー

ピョコピョコ走り回るジャンプ姿、もう夢中で見ちゃいます。とても俊敏で早い早い!1歳ちびっ子も抱っこで見せてあげると、真似して足をピョコピョコと動かして楽しそうにしてました。

 

エジプトルーセットオオコウモリ

想像以上に可愛いお顔!バナナ頬張るおいしそ~な顔がキュートすぎ。別名フルーツコウモリと言われる程果物が好きらしい。だからバナナを…なるほど。

 

キーウイ

キウイの語源ということでも有名な、飛ばない鳥のキーウイ。丸っとしたお姿は確かにキウイにそっくり。おとなしくお座りしてました。キーウイが日本で見られるのはここ天王寺動物園の夜行性動物舎だけとのことです。

 

天王寺動物園の夜行性動物舎にはカヤネズミもいる

kyuusou 

また、私も10年ほどライフワークとして保護活動に参加していますが、生息地の減少から絶滅が心配されているカヤネズミもこちらの夜行性動物館でみることができます。写真ではなく生体が見れるのはやはり感動。小さなお手手で器用に草の葉ををスルスル。

 

文献や写真だけではなく生きている姿とういのはやはりエネルギーをもらえますねボヤンとした概念を超えて、「この子たちが暮らせる環境、大切にしたい」実感として胸にこみ上げてきます。

 

1歳の息子にも映像や写真でなく、実際に生きている命を間近で見ることで何か残るものもあるかもしれないので、小さな種を蒔く用に、こういう体験を積み重ねていけたらなと思いました(真面目か!^o^;)

 

天王寺動物園で1才児が喜んだ
2位 カバ/お魚

水中のカバさんが大迫力!ダイナミックな泳ぎが見れる!

はてさて。第二位はカバさん!!正面から見た時、あまりのデカさと堂々たる不動っぷりに最初岩だと思ってました。時々耳をプルプルしてくれるのでそこでやっとカバと認識して、大人もちょっとビックリ(笑)

天王寺動物園のカバさん。水槽側からみると大迫力

カバさんのコーナーは正面陸地ゾーンの奥に池があり、裏手側に回ると池の中が水槽越しに見えるようになっていてコチラ側がまた迫力満点。ざぼーーーーん!!とカバさんが池に入ってくると水中もダイナミックに水が波打ち、陸地ゾーンよりもより近く、ダイナミックな動きのカバが見えます。

 

カバの水槽ではティラピアの大群も見どころ!

天王寺動物園のカバの水槽、間近で魚も見ることが出来て、小さい子供は大喜び

カバさんが陸地に上がっている時も、大きめの魚「ティラピア」がウオオオオオ!!!っと群を成して泳ぎまくっていて、ガラスに手を当てると寄ってきてくれたり、これもまた1歳児には楽しかったようです!!ちびっ子をあやすだけではなく(笑)カバさんの糞や角質を食べたり水をキレイにするお仕事もしてくれている立派なお魚です。

ここまで至近距離で動くいきものを見れるコーナーって中々ないので、い!」「よく動く!」指数が高く、二位にランクイン☆

 

天王寺動物園で1才児が喜んだ 
1位 ホッキョクグマ

天王寺動物園の白くまは大人気。なかなか見えません・・・!

2016-05-05 天王寺動物園の白くまコーナー。ゴールデンウィークの連休中はこのひとだかり。

とにかく白くまはちびっ子に(大人にも!)大人気。1歳児息子も人だかりの中肩車をしてもらって覗きこむように一生懸命見ていました!!

 

2歳のホッキョクグマ、モモちゃんは動きが楽しくてキュート♪

天王寺動物園の親子の白くまはとっても可愛い!1才児も釘付け

見る人の心を掴んで揉んで離さいのは、ダイナミックなサイズ感と迫力、可愛い風貌、そして動きがコミカルで面白いところでしょうか。

 

親子二頭の白くまがいたのですが、ちび白くまの方が遊びたい盛りで、おもちゃにじゃれたり、バケツを頭から被って水にドボーンしたり、見ていて飽きません。

 

天王寺動物園のホッキョクグマの赤ちゃん 頭からバケツをかぶって水に飛び込む。遊ぶのって人間の子供だけじゃないんだなぁ…!

 

 

真正面で戦わない!スッと左右のガラス張りへ行くべし!

天王寺動物園のホッキョクグマ、ガラス張りのマドから見るのがオススメ!

ホッキョクグマのバフィン(お母さん)、ボールで遊ぶモモちゃん(2歳 女の子)

真正面から見るととにかくすごい人人人でしたが、左右にあるガラス張りスポット(特に左側)は、案外空いていて、肩車や抱っこせず1歳児でもゆっくり見ることが出来ました。最初人だかりに並んだり、背伸びしたり、隙間から垣間見ようと努力したりしてたのはなんだったのか…!とにかくガラス張りのスポット、熱くおすすめです。

 

バフィンとモモに天王寺動物園で会えるのは6月まで!

この愛くるしい親子、モモちゃんは天王寺動物園で生まれた子なのですが、6月中に浜松市動物園へと親子そろって出園するとのことです。お母さんのバフィンさんはもともと浜松動物園からやってきたちょうで、故郷の園に帰るのですね~。

 

地元の動物園で会えなくなるのはチョッピリ寂しいですが、親子一緒にお引越しというのはなんだか嬉しいですね。2歳…離れたくないですよねぇ(´⊆`*)シミジミ…

可愛い親子のホッキョクグマ、バフィンとモモに会いに天王寺動物園へ行きたーい!という方は、お早めにに行かれるのがおすすめです。

 

まとめ 「こどもが楽しむ」をテーマに回ろう

天王寺動物園は、1歳の子供含め大人も一緒に家族皆で楽しめます「天王寺動物園 1歳児のテンションが上った動物 ベスト3」いかがでしたでしょうか。

パパ・ママにとっては、子供が喜んでくれるのがなによりですよね。特に1歳だと長時間だと疲れるかもしれないので、「園内すべて制覇!」より「子供楽しそうに見ている」のをテーマにサクっと廻るのがおすすめです。

 

当初心配した「1歳児には動物園まだ早い?」なんてことはありませんでした。反応が良かったコーナーを主観で選んだだけではありますが。どうぞご参考までに♪ちびっこが喜びそうなコーナーをチェックしながら、是非親子で天王寺動物園を楽しんでみてください(*^^*)

 

こちらの記事もあわせてどうぞ♪

連休中に一歳児と一緒に天王寺動物園へ行ってきました

天王寺動物園を1歳子供連れで楽しむコツ5点【大阪オススメ】(関連記事)

SNSでもご購読できます。

Ad