一時保育を2つ掛け持ちしてフルタイムで仕事復帰。大変なのはズバリこれ!【大阪市・保活の実態】

待機児童のイラスト 保留通知が来て認可保育園に通えず、ひたすら待つ親子

こんにちは♪大阪のイラストレーター、いぬいさえこ@Inui_Saekoです。

 

私の住む大阪市は非常に待機児童問題が深刻のようで、半年頑張った保活虚しく、この春から待機児童(厳密に言うと「保留児童」になりました。

 

それでも仕事は在宅フリーランスと言えど迫る締め切りに仕事はまったなしなので、一時保育を2つ掛け持ちしてフルタイムで仕事をしています。

正式に待機児童(保留)の状態になって掛け持ち生活で2ヶ月、一時保育を利用しての仕事は7ヶ月。

 

この形態で仕事をするのは本当に不安定だと実感しています。( ;∀;)その理由はこちら

 

一時預かり利用は不安定。
見通しをたてるのも苦労します。

どうしよう!8月以降一時預かり施設の
利用すら難しくなるかも。

唐突ですが我が家いまちょっとピンチに立たされています。

 

週3で預けている方施設の先生から説明があり、調理室の拡張工事で隣接する一時預かりのお部屋スペースが狭くなるとの事。

 

そして8月の工事期間中はもちろん、工事が終わった後の9月以降もスペース的な問題で預かり人数を縮小して運営していかざるを得ないこと…。

ひいいいいいいいい…(´゚ω゚`)

 

一時預かり保育も、希望者が
必ずしも利用できるものではない。

認可保育園はこのような工事・増設・移転などいろいろあっても「さあどこか他の保育所にいってください」とポンと放り出されちゃうことは無いはず。

 

しかし悲しいかな、一時預かり施設はあくまで「一時」。その日その日の契約なのです。うう…感覚的には正社員と日雇いの違い…みたいな感じでしょうか。

 

あいてたら予約は取れるものの、殺到している季節やタイミングによっては「この日は満杯で」と都合がつかないことも多々ありますし、断られちゃう事も結構あります。

 

優先順位はやはり出産や通院など

また希望者が同じ日に殺到していたら、やはり出産や病気の治療の方が優先的に予約を取れるようになっているようで、仕事の為固定でいれている私のようなケースは後回し。

 

気持ち的には仕事できなくて困る反面、やはり優先順位はそうであってほしいと思いますす。

 

 

一時保育も人気殺到で新規受付を断ってる保育所も!

そして重要な事にまず第一関門として、一時預かり施設の最初の利用すら予約待ちで全くできない事もあるのです。

 

今預けている一時預かりの保育園も、初めてお願いした時には今定員オーバーで全く空きがなくて…とのことで、1ヶ月待ちしました。また現在も拡張工事が決まって、新規受付を(出産や通院など本当に緊急のケースを除いて)基本的にはやめたとのことです。

 

また、ショッピングモール内の一時預かり施設は昨年秋に申し込んで連絡待ちして7ヶ月が経過中(^^;) 認可落ちたら、一時預かり使い倒せばなんとかなる!と思いきや、こんな感じで一時預かりも、期待通りにはいかない現状です。

 

一時預かり施設の予約が取れない。こんなケースも

単発利用ではなく、毎月続けて(月)(火)(水)は固定で利用。…こんな感じで継続して予約をいれていても、このように施設の工事など突発的な理由で突如として利用が難しくなることも。

 

また2つ利用してるうちのもう一方の一時預かりの施設では、運営母体の経営のなんちゃらかんちゃら?(^^;)で先生方の移動があって、新しい先生が見つからないので当面予約がかなり難しいです…と突然言われちゃったり、ということもありました。

 

もう1週間先の事なのに…案件たくさんあるし、締め切りガッツリ入っているのにどうしよう…!「そうですか…わかりました」と笑顔で答えつつ、内心「どうしようどうしようどうしよう!((((ヽ´ω`;))))」ともう涙目です

 

こんな感じで、継続しての一時預かり施設の利用は、ワーキングママにとっては仕事の見通しという面でもかなり大変な部分があります。

 

預け先の施設の工事や混み具合、先生方の移動などコントロールできない要因に大きく振り回されてしまう面があります。

 

また、それがわかっているので現在週何日と固定で入れていても、一体いつ「このたび無理になりました」と言われるかわからない爆弾と常に隣り合わせ。

 

ワーキングママにとっては結構ストレスですよね…。

仕事が流動的なフリーランスにとっても、
一時保育の併用は大変。

また、ただでさえ私の働き方は仕事量が流動的なフリーランス。

 

複数のクライアントさんの仕事のスケジュール調整でも結構労力が必要なんですが、その上、保育園難民状態の間は、仕事ができる時間を確保することにかなりの労力を必要とします。

 

各保育園との調整…実母や親戚にお願いしたり、母の仕事の繁忙具合を確認したり、実母といえ結構気を使ったり、とにかく預け先のアレヤコレヤに頭つかいまくり、仕事以前に結構クタクタ。

 

 

まとめ 一時保育(預かり)を併用
しながらの仕事はかなり消耗します。

一時預かり、お仕事の繁忙具合にあわせて、毎月融通を効かせながら働きたい!という方にはとても便利なシステム。

 

しかし、フルタイムで働く予定が認可保育園落ちて、泣く泣く利用せざるを得ない世帯にとっては、やはりかなり不安定な部分があります。

 

仕事に取り掛かる以前に解決しなきゃいけないハードルがママの制御不能・予測不能な状態がとにかくぽこぽこ発生して、「ああどうしようどうしよう」と結構気力を消耗してしまいます。

働いている夫が、正直羨ましい。

一時預かりの予約がとれようがとれまいが、毎日同じリズムで1日中、早朝から夜まで仕事ができる夫(会社員)が、心底眩しく、羨ましく感じる瞬間が何度も有ります。

 

私「いいなぁ…1日中いっぱい仕事イッパイ出来て(;∀;)」←働きたいフリーランス

夫「一日中いっぱい仕事イッパイしたくないよ(´゚ω゚`)」←長時間労働・激務リーマン

…の不毛な会話をよく繰り返してます(笑)

 

1日も早く、認可保育園に通って心穏やかにお仕事できるよう、ひきつづき保活がんばりまっす!!!

保育園に入れるよう、家族一緒にチーププレーで頑張ろう!

 

SNSでもご購読できます。

Ad