大阪のイラストレーターいぬいさえこのプロフィール

シマリスのイラスト 絵を描くリス 親子のシマリス
こんにちは、大阪のイラストレーター、いぬいさえこです。
絵の仕事で開業11年目を迎えました。

 

現在32歳で、デザイナーの夫と2歳児の息子を育てる母親でもあります。

イラストを描き始めたのは?

子供の頃から動物と絵が大好き。
3歳くらいのときにはすでに、紙と鉛筆さえあれば一人で何時間も遊んでいられるような地味な子供でした。

 

高校時代は大阪市立工芸高校の美術科で日本画を専攻。
ものの見方を磨きたいと思い、大学では環境社会学科で日本の文化や野生動物の問題について研究していました。

描く上で大切にしていること

好きなモチーフはいきもの、ながれる時間。

 

言語化できない、雰囲気や空気感…「ゆらぎ」のようなものを表現することを、いつも目標にしています。

 

あたたかくて 子供達の声が聞こえてくる絵を描いていきたいです。

絵の仕事で大切にしていること

お仕事ではお客さまと一緒に新しい世界や表現を展開していくことを、なによりの目標、そして楽しみとしてます。

 

タッチや作風にこだわらず、 「表現したい世界・イメージ」を第一におき、そこへたどり着けるよう、さまざまなアプローチから幅広く制作しまいります。

 

一つ一つのお仕事は、全て0からのチャレンジ。

 

お客様の笑顔と「こんなのが欲しかった!」の声を思い浮べながら、大切な人にプレゼントを包む時のようなワクワクした気持ちで、日々お仕事に向かっています。

いぬいさえこの経歴

1984 
09/12 生まれる
2003 
大阪市立工芸高校 美術科 日本画コース 卒業
2005
在学中にフリーランスとして独立。「イラスト制作 七つの森」開業<
2007 
京都精華大学 環境社会学科卒業

2017
フリーランスのイラストレーターとして活動中。

Ads