天王寺動物園を1歳子供連れで楽しむコツ【大阪オススメ】

こどものイラスト連休中に一歳児と一緒に天王寺動物園へ行ってきました

 

こんにちは♪大阪のイラストレーター、いぬいさえこ@Inui_Saekoです。

 

5月のゴールデン・ウィーク、子供の日!ちびっこ大好き動物園!

 

朝から晴天!五月晴れ!

 

お日取りがよろしすぎて、年間で1番混んでる日なのでは?(汗)とも思いつつ…大阪市の天王寺動物園へ1歳を連れて遊びに行ってきました。

 

やはり想像以上の賑わいっぷり

 

日頃家にこもってる在宅フリーランス母さんの私は、ジャンジャン増えていく人の多さに「ひえええ(@Д@;」状態でしたが…それでも断言できます。

 

行ってきて良かったです!!

 

一歳児をつれて天王寺動物園を楽しむおすすめスポットとコツをまとめてみました♪

 

天王寺動物園のふれあい広場ではエサやりができる

テンジクネズミなでなで体験、連休中はチケット配布制

天王寺動物園 連休中の動物ふれあいコーナー

 

1歳児もよろこぶかなと楽しみにしてた動物と触れ合えるコーナーの「ふれあい広場」

 

こちらでは、テンジクネズミ(モルモット)をなでなでできちゃいます。

 

ただ、ゴールデンウィークは混雑のためかチケット配布制となっていました

 

整理券は「ふれあい広場」とは少し離れたところにある、入場門の「新世界ゲート」先着100名に配布されていました。我が家はまぁいいか~と断念。

 

絶対なでなでしたい!

という方は事前に天王寺動物園(公式サイト)でチェックするのがおすすめです。

 

ひつじ・やぎにエサやりもできるよ!

天王寺動物園のふれあいひろば やぎ ひつじ の餌

一皿100円で餌の購入ができるようです。

 

1462920787831

中央の柵にやぎさんとひつじさん。通路側の柵にはお馬さんがいました。

 

息子は何故か新生児くらいの時からヤギさんにめちゃくちゃ怯える子で、この日も怖がってふれあいコーナーは逃げるようにソソクサと出ました。

 

前世にでもヤギと何かあったのか…!?(^o^;)

 

ヤギさん羊さん好きなお子さんにとっては、らに寄ってきてくれたり、餌やりでコミュニケーションがとれたりと、楽しいスポットだと思います!

 

サイ・ゾウ・カバの背中に乗って記念撮影!!

P_20160505_115540_1見どころポイントの一つ、大人の背丈ほどあるゾウやサイの銅像!!

 

子供にとって柵越しに眺めるより、実際に触れたり上に乗れたり…というのは魅力的のようで、一歳息子も「ん!」と指をさして、背中に乗りたい–!!と意思表示していました。

 

天王寺動物園のカバの銅像。記念撮影をする人の列

 

順番の列ができてましたが、そこまで長蛇じゃなかったです。並んだのは3分前後。

 

この日は遠方から会いに来てくれた夫の父母も一緒。

 

真正面からドーーーン!とイにまたがる写真がツーショットで撮れて、ちびっこ本人にも、パパ・ママおじいちゃんおばあちゃんにも、大満足の撮影スポットです。

 

サイのほかにも、ゾウ・カバ・チンパンジーの銅像が園内に点在しています。

 

是非探してみてください~♪*´∀`*

 

動物園に図鑑を持っていくと喜んだ!

動物園で本物のぞうさんを見て、図鑑のぞうさんを指差す

図鑑の絵や写真と、目の前の動物がおんなじ!

本人お気に入りのイラスト図鑑があるので、当日動物園に持って行ってそれぞれの動物の前で見せてみました

 

(※時間が有るときにちょこちょこ動物名も教えたりで、名前がわかるのもいくつかアリ。)

 

「ぞうさんどこ~?」と言うと、柵の向こうのリアルなゾウさんと、イラストのゾウさんとを指差して交互に見てたので、「一緒!」という繋がる感覚が味わえたようです。

 

今回動物園に持って行った図鑑

ひとつひつのモチーフにお顔があって、たくさんのキャラがワイワイ並んでるように見えるのがちびっこが夢中になる秘訣かも♪「どこかな?」遊びで1歳児もたくさんの言葉をおぼえました。

 

「ぼくの絵本と一緒!」が楽しいらしい。

以前このイラスト図鑑で「なすび」を教えた時のこと。

 

ちょうど冷蔵庫に入ってたので「これだよ」と渡したら、えらいハイテンションでなすび片手に走り回ってた…ということがありました。

 

絵本の中のイラストと同じものが目の前にあるというのは、1歳児にとってすごくワクワクすることだったようです。

 

「一緒一緒!!」と、ハイテンションでよろこんでいました。

 

図鑑じゃなくても、お気に入りの絵本でも、イラストのカードでもなんでもいいと思います。

 

「僕は本物をみた!」という喜びは、動物園から帰って、後日本をみた時にもまた味わえます。

 

こどもの心のなかに引き出しが増えますし、2倍3倍と動物園効果!?も続いてとってもお得です。(笑)

 

後日談 図鑑を手に一週間後に動物園の事を聞いてみた。

男の子のイラスト 動物園から帰った後も、図鑑を見て体験を思い出せる持って行ったイラスト図鑑を広げながら、「動物園でどれみた~?」って聞いたら、ゾウやキリンを指さして「じーじ!」と言いいました。

 

祖父に肩車で見せてもらったことを覚えているのかもしれません。

 

多少なりとも「体験」として本人の心に残ったのなら、また家の絵本や図鑑で動物園のことを思い出せたりします。

 

そうすることで、生き物への興味が深くなったりすればなぁと思います。

 

動物園に1歳を連れて行って大切な事に気付いた。

連休中でも大丈夫!混雑に負けず幸せな思い出を作ろう!

IMG_8074-00連休中の天王寺動物園1歳子供連れで楽しむコツ5点、いかがでしたでしょうか。

 

連休、屋外のレジャーとなると混雑に尻込みしてしまいそうになりますよね。

 

すいている朝の時間帯や、子供が楽しむコーナーを重点的にまわるなど、コツを押さえれば比較的スマートに楽しめると思います!

 

一歳に動物園はまだ早い?

「1歳だと子供本人の記憶にはたぶん残らないし…まだ早いか??」とも思ったりもしました。

 

しかし、家族の幸せな思い出は、記憶に残らなくてもこども心の深い所に残る…ハズ!

 

そしてあたりまえのようですが、「1歳の子供と作れる思い出は、1歳の時だけ!」だと、今回動物園に行って思いました。

 

たとえこども本人はいずれ忘れたとしても、親やおじいちゃんおばあちゃん、まわりの大人の心のなかには楽しかった記憶や幸せな思い出はずっと残りますよね。

 

頑張って働くのは、家族と幸せな時間を過ごすため

動物園に行った幸せな思い出はずっと心に残る

※「抱っこ」をせがまれて、幸せいっぱいな笑顔のおじいちゃん*´∀`*

 

普段節約モードでレジャーは後回し。おまけに出不精な我が家。

 

動物園に家族でおでかけして、幸せな体験や思い出作りには、もっと家計費から予算を割り振ってもいいのかなと思いました。(ドケチお母さんの振り返り感想・笑)

 

日々お金を稼ぐのも、頑張って働くのも、家族が笑って過ごすため

 

そこを忘れないでいたいなぁと思います。

 

天王寺動物園へ赤ちゃんと遊びに行く方へ

どのコーナーに行ったら1歳児はよろこぶかな?すいてる時間帯は?

こちらの記事もおすすめです♪

 

天王寺動物園 1歳児が喜んだ動物 ベスト3【2016年 大阪おすすめ】

 

1歳児と天王寺動物園。おすすめの時間帯

 

図鑑があれば、動物園を2倍楽しめる♪

SNSでもご購読できます。

Ad