ランチプレートのオシャレな盛り付けのコツ【節約メニューも可愛く家カフェ♪】

ワンプレートランチに和食を盛りつけてみた

食器洗い、面倒ですよね。

 

そこで我が家は「いっそ皿1枚で生活できないか?」と思いたちワンプレートランチを導入しました。

 

半年が経過し結果は大成功。毎日の洗い物時間はたった1/6になりました。

 

さらに毎日の料理が可愛く楽しくなる、素敵なメリットを発見!

 

時短料理・節約料理・簡単料理でも(笑)オシャレ料理にあら变身。

 

料理や洗い物に時間を掛けず、見た目もかわいいお料理で家族の食卓を華やかにしたい方へおすすめです。o(^-^)o

 

1枚に盛り付けるとカフェ感が出る

ワンプレートランチで簡単!生ハムのランチプレート

このワンプレートランチって、家庭よりもカフェ等で見かけますよね。

 

ワンプレートランチ=カフェ、というイメージがあるからでしょうか。

 

家でも1枚のお皿に盛りつけるとのごく普通のメニューもたちまち「カフェ飯!」風の仕上がりになっちゃうのが魅力。

 

ボサノバ流しちゃって、挽きたてコーヒーと合わせればそこはもうなんだか家カフェ

ランチプレートなら、手早くオシャレな仕上がりに。

ちなみにワンプレートランチは飲食店の皿洗いや配膳の手間を減せるよう、作業効率化の為に生まれたものらしいです。

 

仕事や子育てで忙しい働き世代。なかなかシッカリゆっくりとご飯を作る時間はとれませんよね。

 

ランチプレートがあれば手抜き料理や、スーパーで買ってきた惣菜でも大丈夫。

 

ササッと1枚のお皿に盛り付ければオシャレなカフェ風の料理に仕上がります。

 

実はこの盛り付けの時、知ってると見栄えがランクアップする2つちょっとしたコツがあるんです。

ランチプレート盛り付けのコツ1 食材の色を使う

ワンプレートランチのお皿は仕切りがあると便利

ランチプレートに色のリズムを作る

コツの1つ目はこちら。

ランチプレート盛り付けの一つ目のコツは、食材の色彩を味方につけること。

 

食材には色んな色がありますよね。

 

鮮やかなトマトの・真っな大根の色。薄いキャベツの色・濃い黒豆の色。

 

似たような色の食材をひとかたまりにせずに、ポンポンポンと少し離した位置に置いていきます。

 

似たような色の食材をドドドっといれるだけだと単調になっていまいますよね。

「色のリズムを作る」というとチョット難しく聞こえますが要は色と色を離すこと。

 

配色のリズムを作る 例:赤いトマトの横に、黄色い卵焼きを置く

濃淡のリズムを作る 例:淡い色のキャベツの横には、深い色のワカメを置いてみる

 

あまり難しく考えすぎずOKですo(^-^)o

 

白いお皿をキャンバスに見立てて色と色を離して盛り付ける。これだけでお皿の上に色彩のリズムが生まれて、食欲をそそる華やかなイメージになります。

 

和食もOK!ワンプレートでも華やかに仕上がる

カフェカフェうるせえ!!日本人なら和食だろ!!というお方にも(^^)

 

ワンプレートランチというと、カフェ・レストランなど西洋的な文化のイメージですよね。

 

小皿やお椀など、食器をたくさん並べるのがオーソドックスな和食の世界。

 

ランチプレートはミスマッチなのでは?とおもいましたが、案外いけちゃいます。

ワンプレートランチに和食を盛りつけてみた

黒豆・大根・ワカメの酢の物・かぼちゃ、雑穀おにぎり。こんな和風な食材でもノープロブレム!

 

食材が洋風・和風かどうかということより、とにかく色をリズミカルに使う事がポイントです♪

 

毎日忙しい夕飯作り。彩りの事まで頭がまわらない

メインの料理をもるつけると、なんだか全体に茶色っぽくなっちゃった。

 

毎日色とりどりの食材を用意するなんて、手間もお財布的にも無理!

 

…こんな悩みありませんか。

 

毎日ごはんを作っていると、なかなか彩りまでは手も頭もまわりませんよね。

 

節約食材は色が薄い問題

特に主にモヤシ鶏胸肉豆腐などの主婦の味方(!?)食材でローテーションしている我が家の食卓。/(^o^)\

 

うすい!うすいです!一生懸命作ったところで色がうすい!

 

そして味付けの過程で何を作っても全体に茶色っぽくなる!笑

 

そうは言っても、無い袖は触れません。

 

常備しやすく、安い。料理の彩りが華やかになる食材って?

いくら華やかなな盛り付けを毎日したくても、冷蔵庫には常に真っ赤なイチゴ、フレッシュなイエローのパプリカをご用意下さい、なんて無理な相談です(キリッ)

 

SNSのオシャレな料理写真や、レシピ本の豪華な完成イメージ…

 

「我が家でローテーション組んでる食材の時点これは無理やで」と打ちひしがれていた事もありますが、発送の転換!

 

①お安く手に入る食材・②日持ちしやすい、③冷蔵庫に常備しやすい

 

この3つを満たす彩り食材を考えようじゃないか!と思い立ちました。

 

我が家で活躍してくれているリーズナブルな彩り食材はこちら。

 

色別・保存が効きやすく、安い食材

黒の食材…のり・黒豆・塩昆布

赤の食材…梅・柴漬け・クコの実 ケチャップ 紅しょうが

桃の食材…鮭フレーク・ゆかり・雑穀米

緑の食材…ネギ かいわれ パセリ

黄の食材…卵・冷凍コーン・チーズ

白の食材…大根のマリネ 目玉焼きやゆで卵の白

 

たとえメインは豆腐や、キャベツや、もやしでも!笑

 

これらのお助け彩り食材を冷蔵庫に常備しておいて、盛り付けの時にトッピングのように添えています。

 

色をアクセント使いすれば、少しの量で華やかななお皿に。

とは言っても、黒豆とかクコの実て量の割に高い!と感じちゃいますよね。

 

でも、あくまでアクセントに使うので1回に使う量はごく少量。

 

見た目にちょっと味付けを加える調味料のようなものだと考えています。

 

黒豆も5粒程度でも、漆黒のツヤが入りお皿の雰囲気がガラッと変わります。

 

クコの実の赤も、パラパラっと少量散らすだけで一気にお皿の雰囲気が華やぎます。

 

そして色と同じほど、お皿の印象を大きく左右するのが二つ目のコツ、余白です

 

おしゃれなお皿の盛り付けのコツ 余白を大切にする

 

高級フレンチなどクラス感のあるお料理をイメージしてみます。

 

大きな皿の中心にチョコっとお肉が盛り付けられ、綺麗な色のソースが弧を描いて添えられていたりします。

 

逆にB級グルメなど、ボリュームや迫力感を売りにした食べ物は、皿から溢れんばかりに盛り付けたりもしますよね。

 

エレガントな盛り付けをしたい時は、お皿の余白を意識するすと、グッとお洒落な雰囲気のランチプレートに仕上がります。

 

ビュッフェの取り皿のの盛り付けテクニック

このワザは、バイキングやビュッフェの時にも地味に活躍します。

 

「あっ…!なんだか私の皿は盛り付けが綺麗じゃないかも(^^;)」

 

こう感じた時は大概、興奮して「あれもこれも」と1枚にドンドン山盛りにいれちゃってるのが原因。(よくやってました。)

 

絵やデザインもそうですが、適度な余白があると主役が引き立ちます。

 

お料理がはみ出るほどモリモリに盛り付けずに、クルッと一周はお皿の白地が見える程度に盛るのがポイント。

 

余白を意識するとレストランの料理のような雰囲気のあるプレートに仕上がります。

 

さらに、お皿の余白を活かした盛り付けは、大人だけではなくこどもにも喜ばれます。例えばこちら

 

1歳のこどもにもランチプレートが可愛くて便利

ワンプレートランチでお子様ランチ

アンパンマンをこよなく愛する一歳息子へ、お母ちゃんの精一杯のアンパンマンもどき(^o^;)

 

※上記アンパンマンは、速攻で海苔だけ先にバクバク食べられて、ただの「乳」みたいなビジュアルにになりました…! ご想像いただけるでしょうか!!?(やめい)

 

こんな感じで、お皿を1枚の白いキャンバスにみたてて、色や素材を盛り付けるようにポンポン配置すると、可愛く楽しい仕上がりに。

 

複数のお椀に料理が入っているよりもワンプレートだとお子様ランチ感が出て、子供のテンションも上がります。

ワンプレートランチだとお子様ランチ感

離乳食にもワンプレートランチ 1歳のごはんとお弁当

写真は保育園の日のあさごはん。1歳時の弁当&朝ごはんをいっぺんに作りました。

 

我が家の1歳時の通う一時預かりの施設はお弁当なので、朝はもう時間と格闘。さらに朝ごはんをまた別で作ってたらもう手が回りません。

 

こんな時にもワンプレートをスチャっと用意。お弁当の具材をちょっと多めに作って、皿の上にぽこぽこ並べるだけ。

 

同時進行でお子様ランチ風の朝ごはん完成です。

 

我が家では1歳から大人と一緒に食洗機OKの白磁の軽量ランチプレートを使っています。

 

ただでさえ忙しい時間帯に洗う食器がたった1枚。しかも食洗機OKなのはワーキングママにとっては至極ありがたいです。

 

ランチプレートは、楽な上にオシャレ

ワンプレートランチで、盛りつけるだけカフェごはん。いかがでしたでしょうか。

 

①食材の色を離す ②お皿に余白を作る。この2つをコツを意識しながらササッと一枚に盛り付けるだけ。

 

節約料理・簡単料理も、節約感や手抜き感なくオシャレなカフェ風ごはんに変身させてくれちゃいます。

 

毎日のごはん。どうせなら作るのも食べるのも楽しみたいですよね。どうぞ試してみてください♪

 

ランチプレート生活が気になる方へ おすすめ記事

ランチプレート選び方のコツ!忙しい共働きママがおすすめ。

 

料理も皿洗いも劇的に時短できて生活が変わった【ワンプレート生活半年】

 

ランチレート生活。大量の食器を断舎離して夢のシンプルライフ

 

こどものお弁当作りに苦労されている方は、コチラの記事もどうぞ♪

朝作らない!つめるだけ超絶時短弁当!保育園・幼稚園の弁当に

 

 

SNSでもご購読できます。

Ad