洗濯物がすぐ終わる!ベランダでたたむと簡単・時短!

洗濯物を一瞬で畳む

こんにちは♪大阪のイラストレーター、いぬいさえこ@Inui_Saekoです。

 

毎日の洗濯物、洗濯機はボタン一つでピの時代になりましたが、干して取り込んでたたんでタンスに仕舞って…これが時間が掛るんですよね(^o^;)

 

これは夫のお母さんから伝授してもらった方法なんですが、取り込みながらたたむと案外早いんです!もうここ半年くらいずっとこれやってます。

洗濯物が、素早く簡単にたためる。

洗濯物を時短で畳む

まず大きなメリットは、すごいスピードでたためること!

 

ベランダでたたむと、ハンガーから取るときに一度洗濯物に触れますよね。その動作の中でササっと折りながらカゴにしまうと、ものすごい早いです。

 

取る→部屋に持って入る→座って畳むだと、同じ洗濯物を手に取る動作が2回入っているので、ある意味二度手間かもしれません。

 

ベランダで即畳むのと、ハンガーから取って腕を下に下ろす動作の中で流れるように畳める為とにかく早い。

 

シャツやボトムも、手を下ろしながらホイっと折ってカゴにポン!…と一連の動作の中であっという間に完了。らくちんです。

 

洗濯物がシワにならない。

またハンガーからだと、きちんと形が整った状態のまま洗濯物を手に取れます。タオルやズボンもピシっとしてますよね。

 

部屋に取り込んで、コンモリと山盛り状態の洗濯物の中から取り出す場合。たたむにも一度バサバサと広げてあげないといけません。

 

おまけに一旦部屋にとりこんで後でたたむ方式だと、目の前の家事におわれているうちに気づけば長時間、こんもり山盛り状態で放置しちゃってることもありますよね。

 

せっかく天日干しでぴしっと伸びていたシワも、無造作に放置しているうちに、案外しっかりシワが付いてしまったりします。

 

この点、ベランダでシワが伸びている状態の洗濯もをそのままたたんであげると、仕上がりもとても綺麗です。

 

洗濯物たたみを、赤ちゃんに邪魔されない。

洗濯物と赤ちゃん

これは赤ちゃんや幼児がいるお家限定かもしれませんが…

 

部屋で畳むとタンスに入れる前の畳み終わった洗濯物を見つけるやいなや、目をキラキラさせながら片っ端からグチャグチャに…なんてことはありませんか?\(^o^;)/

 

本人は手伝ってるつもりかもしれませんし、悪意はないのかもしれませんので「こら!」なんて言うのも気の毒。

 

ちびモンスターに邪魔される前に光の速さでスパパと畳んでサッとしまう!自ら洗濯物とこどもの間に入ってバリケードになる!!

…といった事に挑戦してたのですが、これも疲れます。

 

家事の邪魔は子育て中のママにとっては本当に悩みのタネですよね。本当はいつでも笑顔あふれるにこやかなママでいたいもの。

 

やろうとしている家事や作業ををいちいち中断・やり直し…それが1日中続くとどうしてもイライラしてしまいます。

こどもの前で、洗濯物を広げない

しかしベランダで洗濯物をたたむ方法だと、たたみ終わった洗濯物はカゴからタンスにも即収納!ということができます。

 

部屋の中で広げないので、怪獣(むすこ)にグチャグチャにする余地を与えません。イッツ・スムーズ!

 

 

家の中に洗濯物の山が出来ない。

広くてエレガントなホテル※写真素材。言わずもがな我が家ではありません…。笑

 

部屋の中ににとりこんだ洗濯物の山ができないのも、大きなメリット。

 

「とりあえず取り込む!後で畳む」がないので常に綺麗なお部屋をキープ!

 

視界に入るたび「あれを片づけなきゃなぁ…」という心理的負担やしんどさがないので、気持ち的に楽です。

 

子供の頃は突然の来客に「あわわわ…!」と洗濯物の山をバスタオルで隠す、みたいなシチュエーション、結構ありました\(^o^)/ 

 

いつお客様がいらしても、通せるお部屋の状態をキープできちゃいます。

 

洗濯物かごから、直接タンスに入れられる。

たたんだ洗濯物をもって各部屋を往復するのは面倒。

さらに大きな時短になっているのはこれ!

 

たたんだ洗濯物はカゴにいれてスムーズに各部屋を移動できます。そのままタンスに持って行けば、往復いらず。超はやいです!

 

私も以前はリビングのテレビの前で洗濯物をたたみ、衣装ケースの前までたたんだものを崩さないように慎重に持くのを何往復と繰り返してもしてました

 

これ今考えれば案外ムダな動き…。(^^;)

 

我が家は全員の衣類をひとつのクローゼットにまとめているので、あちこちの部屋にもっていくことは無いのですが、それでもかなり楽になりました。

 

部屋が多い・階段のある家は、洗濯物の収納がさらに時短に。

これ、戸建て・階段がある家庭の方や、それぞれの個室に各自タンスがある方にはさらに魅力のポイントだと思います。

 

ちなみにこのベランダたたみのワザを伝授してくれた夫の母は、2階建て&複数の部屋にタンスがあり、階段を上がり下りしながら洗濯物を各収納スペースまで持っていく必要がありました。

 

さらに夫は3人兄弟だったので、子どもたちの衣類をそれぞれの部屋・タンスに持っていくのも結構面倒な作業だったはず。

 

カゴに入っていればベランダから直接各部屋をまわり、そのまま収納できるので動線にムダがありません。

 

 

 

洗濯物をベランダでたたむデメリット

洗濯物 ハンガーに干してあるシャツ 時短家事の方法楽さに慣れると、気にならない程度ですがあえて上げるとしたら、「夏暑く、冬寒い」くらいでしょうか。

 

この方法をはじめてみたのは秋ごろ。ベランダの風も心地いいし気候のいい時期だけやろう~と、気軽に始めてみました。

 

一度やってみると、とにかくサッと終わるし想像以上に楽だったので、真冬もずっとこのやり方で結局やってました。

 

 

「洗濯物をたたみながら取り込む」を六ヶ月続けてみた感想

ベランダで洗濯物を畳むと気持ちがいい!

洗濯物を外でたためば、本当に時短

家族3人分(保育園に通園中の幼児がいるので結構洗濯物の量は多めかもしれません)たたみ始めから、全員のタンスに入れ終わるのが7分~10分。

 

この方法を取り入れるまで、部屋で洗濯物をたたんでいた頃は20分以上は余裕でかかってました。

 

ついテレビ見ながらボーっとたたみ…せっかくたたんだものを、赤ちゃんにグチャグチャにされ、やりなおし。それをテレビの前からタンスまで何往復もしながら持って行って、収納して… おまけにムダにイライラ

 

今考えればなんて数多くのムダ作業!って思います(^^;)

 

途中の中断がないのでイライラしませんし、とにかく相当な時短になりました。

 

ベランダで洗濯物をたたむと、気分転換になる。

また、私のような在宅フリーランスは、家でずーーーっと仕事・作業!と煮詰まりがち。

 

たとえベランダでも、数分間外で過ごすと案外気分転換になります。

 

たとえ寒い季節や暑い季節でも、新鮮な外の風にあたる、遠くの景色を見るのも気持ちいいもの。7分くらいだと、時間的にもリフレッシュにちょうどいい感じ♪

 

物干し場で畳むようになって、洗濯物畳みは私にとってはかなり好きな家事になりました。毎日の家事でお忙しい方、共働きの方、洗濯物にお悩みの方、ぜひお試し下さい~♪(*´3`)ノ

 

 

 

SNSでもご購読できます。

Ad