机の整理で仕事効率が10倍に!【スッキリ×クリエイティブな机づくり】

ペンスタンドとペン 机周りが片付く

こんにちは♪大阪のイラストレーター、いぬいさえこ@Inui_Saekoです。

 

デスク周りのごちゃごちゃ、気になりませんか?スッキリな机を心かけてても、作業するうちにナンダカンダと物が増えて、仕事の効率はどんどん低下…。

 

そこで思い切って机の上のさまざまな文具類や書類をえいや!っと撤去してみました。今机の上にスタンバイするのはペン1本&パソコン。机の上めちゃスッキリ!  

 

視界がクリアになって仕事の集中力も高くなりました。(`・ω・´)

 

「キレイな机」から一歩進んで「仕事のデキル机」を目指す方、是非おすすめです。

メリット1 デスクまわりのそうじが楽。

文房具や雑貨 たくさんあるとすぐに机の上が散らかる。まず何がいいかって、超スッキリするので掃除が楽です。

 

最近はシンプルライフを目指しているものの、元々私は雑貨・もの大好きな性格。

 

学生時代や駆け出しイラストレーターの頃、便利そうな文具、見た目が可愛いペン、机に大量に並べてました。

 

マメに掃除してればいいのですが、論文提出前、絵の締め切りが重なったり、色々忙しくなってくると、つい片づけやそうじは後回し

 

元もとベースで置いてある雑貨・文具・ものが多いところに、仕事や作業をする上で必要になってくる資料や道具…。 

 

アレヨアレヨという間に机の上は混沌とした世界へ突入していました…。

ものが少ないと散らからない。

散らかった机 片づけの前に、ものを減らすのが大切やはりものの量に比例して、ちらかるペースはグッと早くなります。  

 

ベースをほぼゼロ、超必要最低限のクリアな状態にしておけば、多少作業する上で物がやってきても、すぐにカオスにはなりません。

 

私個人の仕事で言えばイラストの仕事はパソコンでも進められるので、アナログな作業(メモ)にはペン1本あれば十分でした。

 

  1日1回登場するかしないかとうい二軍の道具たち(サインペンやハンコ、ハサミ…)まとめてミニ引き出しに収納。

 

これにて毎度毎度何かを書き留めるたびにペン立てから選別する機会はなくなりました。  

そうじが20秒もありゃスグおわるので、億劫じゃなくなる

机の上に細々としたものはなにもないので、ものをどかす手間もありません。本当に広々としたThe作業スペースって感じです。  

 

1日1回は机の上をクイックルワイパーとかでサササ-っと拭けば、ホコリゼロ。

 

毎日ピカピカひろびろデスクで心新たに仕事ができます。  

 

毎日最大限のパフォーマンスを生み出す机にするには、ものを厳選するのが近道

仕事ができる環境作りは、たま~に大掃除してピカピカにしても達成されませんよね。

 

日々最高のパフォーマンスを発揮できる机に維持し続ける事が肝心。それにはマメに続けどこまで楽にそうじができるか。いかに掃除の手順を減らせるか大切。  

 

いや、ものがないと掃除は楽。ほんと楽です。(^o^)  

 

昔は何故あんなに苦労して片付けにイライラしたり消耗したんだろうって思います。そんな頑張って片づけせんでエエよ!って当時の自分に言ってあげたい。  

 

 

メリット2 突然の電話にも落ち着いて対応できる

電話が突然かかかってきても、緊張しない電話が掛かってくると、「おお!!」っと緊張しませんか!?(笑)私は自営業やって10年ですが未だに電話がなると「ちゃんと応対せねばドキドキ」と身構えてしまいます。

 

  こんな時に電話に出たはいいものの、筆記用具が見当たらないとドキドキ通り越して「ヒイイイ!ペンはどこ…!ぜんぶ暗記なんて無理よ無理!(´゚ω゚`)」と軽くパニック。

 

(右利きなので)机の右手側、サッと取れる定位置にいつもペンがある。これだけで電話一つで緊張するような小心者的でも、非常に心穏やかにいられます…!  

 

落ち着いてメモもとれるので仕事の打ち合わせの大切な内容も、忘れたり、記憶違いだったりというミスがありません。これで一安心。

人間、案外お気に入りしか使わないもの。

電話の写真ペン1本ありゃ十分!と強く思ったきっかけは、実はある日の夫の行動がきっかけ。

 

夫の机ペン立てには、なにかの景品、もらいもの、インクがかすれてる物etc、大量のペンや筆記具が立ってます。

 

ある日電話がかかってきた時、夫は目の前のペン立てではなく、ワタワタと片手が塞がった状態で、仕事鞄のペンケースから愛用のペンを取り出したのです。

 

これには「その机の上の大量のペンは一体何なんだぁああ!??」心の底から盛大なツッコミをいれざるを得ませんでした。

 

人って、結構お気に入りばかりヘビロテしてしまうものですね。

 

愛用できるものは、ほんのわずか。

たくさんものを所有しても、それを使えるのは人間たった一人。何百と持っていても、愛用できるのはそのうちの1つ2つでしかないはず。9割型はただの死蔵品かもしれません

 

使いもしないペンが大量にあるより、確実に一番使いたいと思えるベストワンのペンが一本だけある方が、ずっとずっとスムーズだよな…!

 

夫の電話とペンのシーンで、深く深く心に刻まれました。笑

 

メリット3 目の前のことに集中できる

効率化には時間を考える。スムーズに仕事を進めるには、生産性を考える。仕事の生産性を考える上で、大切なのが時間ですよね。

 

それを考えると、ごちゃごちゃした文具類から必要なペンを選り分ける時間、ものを取り出す時間。これ結構むだ時間かもしれません。

 

また仕事への集中力という意味でも、ものを選ぶ、選り分ける…、せっかく集中して思考しいる脳にごちゃごちゃ雑多なことをさせちゃうのはヒジョ~にもったいない。

 

いいクリエィティブやいい仕事をするにはシンプルが一番。

 

探しものの時間ゼロへ!

ペン立てに、1日に50回位使うペン、1日1回使うハサミ、3日に1回つかうサインペン…どれも同列に入っているとすると、いつものお気に入りのペン1本を取り出すのに案外ムダな動きをしなきゃいけません。  

 

1回1回の動作は短時間でもトータルでむだ時間生んでいるかもしれません。

 

一番ヘビロテで使う定番ペンを、1本だけ。 なにかを書き留めておくのにこれで十分です。

 

使用頻度の1番高いものを、たった一つ、つかいこなすこれ作業効率化に本当効きます。  

 

メリット4アイデアやひらめきを すぐメモできる!逃さない!

ペンをすぐとれば、アイデアを忘れないうちにメモできるひらめきは突然にやってきたりします。まさに一瞬の出会い。

 

こういうアイデアは即メモしないと、案外忘れちゃったりするもの

 

こんな時もペン1本とメモが必ず置いてあれば大切なアイデアを逃すことはありません。

 

「ペンどこだっけ?(^o^)」机の上ゴソゴソ…「あ、こんなのでてきた!」なんてついつい手紙やら回覧板やらを熟読。

 

気がついた時にはメモをとろうとしたことさえ、忘れている…そんなウッカリもゼロにすることができます(笑)  

 

まとめ 机の上がクリアだと思考もクリア。

ペンスタンドで机が片付く。仕事がはかどる

 

スッキリ×クリエイティブな机づくり、いかがでしたでしょうか。 

 

今机の上にあるのは、ペン1本・メモ帳・パソコンこれだけ。視界がクリアなので雑念が入らずいまやってることだけに最大の集中力を発揮できるようになりました。

 

なんだか仕事の出来るクリエイターの机一歩近づけた気分も味わえます(私だけ?笑) 

 

机のゴチャゴチャが気になっちゃう方、仕事の効率もっと上げたれたら…とお悩みのビジネスマンの方、是非、お試し下さい♪

SNSでもご購読できます。

Ad