【イラストブログ1年目】ブログを夢を叶えるツールにする為に大切な事

リスの絵 ブログのイラスト カット

こんにちは♪大阪のイラストレーター、いぬいさえこ@Inui_Saekoです。

 

2016年の春から、ブログをはじめて1年が経過します。

 

現在1日平均600pv。多い日で1200pv

 

まったく無知だったところから、ブログの力を知りこの世界にハマって行くと同時に、ブログのラビリンスに翻弄された1年でもありました。

 

何故か最近は筆が止まり、なかなか書けないと悶々とする日々。

 

なぜかけなくなったのか?仕事や子育てが忙しいから?時間がないから?やる気がないから?

 

ここ最近ぐるぐると考えてやっとストンと腑に落ちる答えが出ました。

 

ブログ=夢(やりたいこと)が繋がってなかったから

 

自分自身の立ち位置の整理と、これからの方向をクリアにするために記事にまとめてみます。

 

ブログを夢を叶えるツールにする為に大切なたった1つの事として、1年前の自分にこれだけは言っておきたい!という気持ちで描きました(`・ω・´)

 

ブログ初心者が陥りやすい失敗談として、お役にたてばと思います。

 

ブログをはじめたきっかけ

ブログを書けなくなった理由。

 

これは「何のためにブログを書くのか見えなくなっていた」このひとことにつきます。

 

行き詰まったときには原点に戻れとの言葉に習い、去年なぜブログを始めたのか考えてみました。

 

気合い入れたイラストサイトが、公開しても閑古鳥だった

そもそものきっかけは、仕事用ギャラリーサイトの公開です。

 

フリーランスのイラストレーターとして開業10年。良く言えばご縁、実際のところは運まかせで仕事をしてきました。

 

子供も生まれたし、ますますガチで稼ぎたい!絵の仕事もっと頑張りたい!

 

ということで、WEBデザイナーの夫と営業用のギャラリーサイトを作ろうと決意。

 

たくさんの画像を用意し、渾身の作品集のサイトが1年かけてようやく完成!

 

いぬいさえこのイラストギャラリーサイト イラスト・挿絵のサンプル

 

いぬいさえこ ポートフォリオ ギャラリー【イラスト制作 七つの森】 

 

ところが、公開しても全く鳴かず飛ばずでの1日0~3pv。

 

「公開さえすればたくさんの人が見に来てくれるはず!」

 

そう思ってた私はひどく落胆しました。

 

たくさんイラスト画像を用意して、デザインにもこだわったのに一体どうして?

 

渾身のギャラリーサイトには人が来なかった

1年ブログやってきた今は「そりゃそうですがな」と言いたくなるのですが、アクセスを集めるには様々な要素が必要になってくるんですね。

 

SEO・WEBライティング・コンテンツマーケティング・SNSの活用…

 

これらのアクセスに必要な武器も知識も何一つ身につけないまま、裸一貫で突然ネットの大海原に旅立ったようなもの。

 

中でも私のサイトの場合、致命的だったのは主に画像のサイトだったということ。

 

googleの検索ロボットは基本的に「文字」を基準に判断します。

 

「どんな絵なのか?」「クオリティはどうか?」判定はしてくれません。

 

ギャラリーに単に100枚画像をアップした所で検索流入は望めません。

 

アクセスゼロ=イラストが誰にも届かない絶望感

コツコツと、職人のように寡黙にいい絵を作ってけば、いずれ作品が日の目を見る日が来るはず!!!(キラキラ)

 

今思えば、イラストレーター版のシンデレラ症候群ですね。(´∀`;)

 

そんな夢見る私にとってアクセスゼロという現実はあまりにも過酷でした。

 

1年間かけて、過去10年分の作品をコツコツ編集し集めてまとめて…そしてアクセスゼロ

 

私の絵って…これまでのイラスト人生って…?1mmの価値もないの?

 

この作品が誰からも見向きもされない絶望感…。

 

作るのがお好きな方ならお分かり頂ける部分はあるかと思います。

 

そんな時に、WEBデザイナーの夫に教えてもらったのが、「ブログ」の存在でした。

 

ブログはアクセス・集客のツールになる!

WEB屋の夫曰く、アクセスなんて公開直後はなくて当たり前。

 

記事(800字以上/1本)を地道に書いていくうちにジワジワとアクセスは上がってくるもの。

 

実際夫のWEBデザイン会社でも納品後、お客様に記事を書いてもらうことを強くお願いしているとのこと。

 

え、ブログ=日記でしょ?

 

芸能人やリア充の方々が「○○食べたよ!」と日常をつづるものでしょ?

 

そんなに効果あるの?・∀・`

 

当時これが率直な感想でした。

 

ブログは情報が欲しい人と、届けたい人をつなぐツール

WEB屋夫が言うには、集客のためのブログと、日記ブログは性質が全く異なるということ。

 

集客・情報発信のできるブログとは?

 

・Aという情報を知りたい人に、Aという価値のある情報を提供する

 

・価値のある情報があれば広告費をかけずとも、検索から人が集まってくる

 

・役立つ記事であればある程、多く検索され多くの人の目に触れる

 

この方法で、多くの企業はアクセスを集め、自社の商品やサービスをPRしているとのこと。

 

調べてみると、中には個人の方でも月に100万pvのアクセスを集めている方もいて、目の前に広がる未知の世界にただただ驚いたのを覚えてます。

 

すごくうまく行けば、月に100万回もアクセスがある…!?

月に100万人の目にイラストが触れる機会があるってこと…!?

武道館で個展ひらいちゃってるレベルじゃない?

 

そんな事ができるの…!?ブルブル

 

ブログにリベンジ戦をかけた

自分のイラスト人生をつめこんだ(つもりの)サイトがアクセスゼロの雪辱。

 

そこから一転、目の前に広がるキラキラとした広大な可能性の世界。

 

オラ、人の役に立つ記事、いっぱい書くだ!(`;ω;´)

 

悔しさ一杯の私が決心するには十分すぎる状況がそろっていました。

 

最初はアクセス全くなし

そんなわけで始めたこのブログですが、やはり初めの1~2ヶ月は泣かず飛ばす。

 

それでも「公開して数ヶ月は閑古鳥」は1度体験して分かってはいたのでショックではありませんでした。

 

はじめて3ヶ月。絵だけのイラストのサイトは相変わらず。

 

しかしブログの方は地道に記事(3000~6000文字)を積み上げてきた結果。1日10pv…100pvとアクセスが増えてきました。

 

1年やってみて実感しましたが、ブログってやりこみ型ゲームのように極めたくなる要素がたくさんあるんですね。

 

PV数、滞在時間、人気記事、検索語句、表示速度・SNSのシェア数…

 

ここを改善したら、この数値が上がった!

ここに気をつけたら、こんなにも伸びた!

 

この手入れをすればする程ジワジワ成長していく感覚。

 

昔から各種数値をあげていくような、シュミレーションやRPGゲームが好きだった私はワクワクのめりこんでいきました。

ブログにかけたリベンジ戦。結果は?

10人ブログを始めても、9人が途中でやめてしまうと囁かれるブログの世界。

 

私が1年辞めずに続けられたのはこの2つが理由のようです。

 

・ジワジワ数値が上がるのを、地味に楽しめるオタク的な性質。

・立ち上げ初期の閑古鳥状態に耐性ができていた。(特に大事)

 

継続は力なり!となったのか、去年の今頃0pv/日だったアクセスは、好調な日は1200pv/日まで行くようになりました。

 

ところがアクセスはとっても増えたのに、私のもやもやはここ数ヶ月募る一方。

 

うまく行ったという手応えがもてませんでした。

 

その理由はまさに、ブログの方向性を見失っていたから。

 

失敗の理由=スタイルなき読者志向

方向性を見失った一つ目の要因はこれ。

 

自分のやりたい事も考えずに、読み手ありきでブログのコンセプトを決めてしまった事です。

 

「人の役に立つ記事であればあるほど、アクセスになる」

 

ブログのド素人の私はこの言葉をド真正面から受け取りました。

 

「多くの人に検索される、多くの人が関心をよせる話題」→

「アクセスを生み出す記事」→

これが書くべき記事なんだ!

 

「自分が何を人に届けたくてブログを始めたか」をすっとばして。

 

最初に多く検索されるキーワードありきで考えた

思えば最初のテーマぎめから、この問題は続いていました。

 

ブログの立ち上げでまず考えるのが、ブログの題材であり、テーマ。

 

私も自分の体験を通して、お役立ち情報を提案できる話題はなんだろう?と、人生経験を棚卸ししてみました。

 

とはいえ、どれだけ記事を量産しても、全く検索されないテーマにはアクセスはありません。

 

世の中の人がどんなワードを検索しているのか調べるツールを使って、自分が記事をかけそうなキーワードを色々入力してみました。

 

たくさん検索される言葉を調べてメインテーマを考えた

その中で圧倒的に検索されていたのは「子育て」「イライラ」「保活」

 

それに比べて少ないのが「イラスト」「発注」「依頼」

 

今考えるとそれもそのはず。

 

絵を発注したい人よりも、子育てをする人の方が圧倒的に人口比ベースで多いから。

 

よりアクセスにつながるのは、子育てネタや家事のライフハックなんだ!と考えてしまったんです。

 

書くべき記事と、書きやすい記事

そしてとても根深いもう一つの問題がこれ。

 

正直な所、自分の業界や仕事の話題って何をどう書いてよいかわからない。

 

そんなとっつきにくさを強く感じたの大きな理由です。

 

うまくいえないのですが、絵は人生かけて志してきた一番大切なもの。

 

その分、自らの精神世界や内面の深いところまで入り込んでいてドロドロしているイメージがありました。

 

良いものも悪いものも、いろんな感情が渦巻いてて、アウトプットすることに戸惑いや羞恥心を感じたのを覚えてます。

 

家事のコツや保活の話だったら、体験談として日常ブログの延長で書きやすい!

 

ライトな感覚でフラットに書けそう!…ということで、手を付けやすいところから方式でこのブログは始まりました。

自分が大切にしたい何かがないと、ブランディングはできない

そしてブログを書き始めて数ヶ月、第二の落とし穴にはまっていました。

 

アクセスがグーンと集まってると、やっぱりすゴーーく嬉しいんですね。

 

「やったー!読んでもらってる-!(*´∀`*) 」

アクセス数を見ては、日々ニタニタ。

 

また徐々にどの記事がよく読まれているのかも見えてきます。

 

例えばそれが冷凍するだけ弁当の記事だと…

「こんなのも冷凍できるよ!」

「もっと写真あったほうがいいな!」

「あのレシピの写真撮影するか!」

 

私は昔から、人から求めらてると嬉しくなって「これも!これも!」と勝手に頑張りたくなってしまう性格。

 

リライトしたり、関連記事をふやしたり、こんなことでも困ってるのでは?と、話題を増やしたり、どんどん肉付けしていきます。

 

この1年で「一度書いた話題はそこをひっかかりに、いろんな記事に発展させやすい」というブログの法則を発見しました。

 

でもこうなると、別ジャンルの話はおいてきぼり。

 

イラスト記事はそっちのけで、とりあえず!と始めたはずの生活ネタばかりを量産し続ける1年間になりました。

「相手ありき」だと自分を見失う

「誰かの役に立つ記事を書こう」

「たくさん見てもらえる記事をもっとよ良くしよう」

 

そればかり考えて書き続けているうち、自分の絵を届けたいという思いは、すっかり見えなくなってしまいました。

 

最近何故か書けない。そんな時に出会って「あっ自分のことだ」と思ったのがこの話

完全な顧客志向にしてしまうと、あなたのもっている独自性(希少性)が薄れてしまう恐れがあります。

 

読者が求めている情報を理解した上で、貴方の独自性を盛り込んだ情報を発信する。

 

そうすることで、人気のあるウェブサイトに成長していくのです。

 

『コンテンツマーケティングの常識』染谷昌利 p24

あらためて考えるとブログでも、お仕事でも、家族関係でも同じですね。

 

完全に相手第一で考えてしまうと、自分の思い・やりたい事を見失なってしまいます。

ブログを夢を叶えるツールにするために

気づけば私のブログは、生活便利グッズ・買ったもの・子育てお出かけスポット…日常生活の中で体験した記事ばかりになっていました。

 

pvは増えてる。アドセンスの収益も増えてる。

 

けれども、手応えが感じられない。

 

そしてようやく気づきました。

 

自分の夢と繋がってるジャンルの記事を書かなくちゃ、何100記事と書いた所で夢には届かないんだ、ということに。

 

(1年かけて!)

 

(おそいよ!)

 

どんな状態が自分に取っての成功なのか考える

逆に自分にとってのブログの手応えって、どんな状態だと感じられるのか。

 

仮に数万PVあって、ブログの収益で生活に十分なお金が入ったても、絵自体は誰からも興味を持ってもらえてないとしたら?

 

PVも収益も、それだけでは「絵を届けたい」という自分の夢には届かない。

 

仮にお金だけあっても、絵の仕事は決してやめないだろうし、満たされない思いを抱え続ける気がします。

 

素敵な絵を書いて、話題の書籍の表紙を飾るイラストレーターになりたい!!!

 

焦がれるような気持ちはずっと残るんだろうな、と気づきました。

 

ブログの中に魅力的な要素はたくさんあります。

 

その中でも自分が一番望むものはなんなのか。

 

これがわかっていないと行きたい場所にはたどり着けません。

 

自分はブログを書き続けて、どこに行きたいか

 

「このままいくとどうなるんだろう。」

 

今のままフワフワとブログを書き続けて5年が経過した自分の姿をイメージしてみました。

 

時短グッスや保活体験談をたくさん書き続けて、どうなりたいのか。

 

最終的には時短グッズ専門家や、保活アドバイザーになりたいわけではないんだ、と改めて気づきました。

 

ブログで絵を届けたい。イラストや作ることの魅力を伝えたい。

 

日常まわりの手を付けやす記事より、多少の恥ずかしさや難しさを感じる泥臭い話であったとしても、夢へとつながる話を言葉にしていく。

 

難しくてもハードルを感じても、進む方向は夢や目標の方を向いて歩く、

 

その方が、着実に望む場所へ行けるはずです。

 

しばらくはバランス重視で行きます。

一方で「これめっちゃ便利!」という日々の発見を、誰かに伝えるのは純粋に楽しいな、という感覚もあるんです。

 

だから、生活ネタ記事も続けたいと思うことが多々。

 

いっそイラスト関連ブログと生活ネタブログと分けるべきかよく考えちゃいます。

 

雑記ブログと専門性ブログ、それぞれ強みと弱みがあるので答えは出ていません(^^;)

 

ただ、イラストブログとして軌道に乗るまで、イラスト記事の割合をかなり高めにしていこうと思います!

 ブログで発信したい、イラストのアレコレ3つ

はてさて、春から舵を取り直すこのブログで、一体何を発信するのか。

 

やりたい事をハッキリさせる為、3つまとめます。

1、イラストを見てもらいたい!

まずは絵描きなので純粋に自分の作品を誰かに届けたい気持ちが根底にあります。

 

記事の中に挿絵として入れたり、作品も見てもらえる記事も作ったり…。

 

ギャラリーと記事(コンテンツ)が融合したようなメディアが実現できないか、プランを練ってます。

2、イラストが持つ力を伝えたい

仕事として10年やってきた中で、イラストの持つ伝達力・ツールとしての強みも、実戦の中で見えてきました。

 

ビジネス・生活シーン…

 

こういう所にこう活かすと効果的だよ!こんな風に発注するとお得だよ!
イラストの強みやイラストの活かし方・お得技や裏ネタを書いてみたいです。

 

 3、絵を描く楽しさ・ワクワクを伝えたい

そして最後はこれ!絵をずっとやってきて思うのは、やっぱり絵って楽しい!ということ。

 

娯楽でありエンターテイメントであり、時にはときこの上ない癒やしだったり、救いだったりする。

 

絵で辛くなることもあるけれど、絵に深く救われた事も本当にたくさんあります。

 

絵を描いてみたい方、もっと楽しみたい方に。

描く・作る事の楽しみを感じられるようなHowTO記事や、イラストお役立ち情報を発信したいです。

 

「絵って楽しい。見てるだけでもなんだかおもしろそう!ちょっと描いてみたい」

 

そんなワクワクするようなコンテンツも増やしていきたいです。

1日3分でも、何のためにブログをやりたいのか考える

私の場合初歩的で根本的なな部分でつまづいてしまいました。

 

ここで転ぶと自分が何をやりたいのか見えなくなり、ブログの更新頻度は大きく低下…。

 

そのまま更新がストップし、何百時間も投入したのにリターンもない一番中途半端なところで終了。

 

ブログなんて時間のムダやったんや!!

 

…という悲惨なパターンに陥るところでした。危ない危ない。(; ・`ω・´)

 

ボトルネックの問題点に気づけたので軌道修正ができそうです。

 

これからは、ブログで夢を叶えていく

夢のためには「選択と集中」

ブログを書くには時間と労力がかかります。

 

現在32歳。長生きしたとしてもあと70年ありません。

 

子供も生まれて仕事して目が回るほど忙しくていっぱいいっぱいの毎日。

 

30代になり、自分にとって一番限られた資源はホント時間だよなぁとヒシヒシ感じます。

 

だからこそ、貴重な資源は夢のために使わなきゃもったいないと思うようになりました。

 

人生振り返って、あってよかった!と思える土台づくり

私の夢はやはり、絵を描き続ける事と、絵の力を伝える事です。

 

というのも、10年間続けてみて絵の仕事はすごく難しくて、すっごく楽しいという事を強く実感したから。

 

おばあちゃんになっても、絵で食べていきたいという夢はジワジワと強くなる一方です。(死ぬ1分前まで描けてたら幸せだなぁ ´∀`)

 

「あの30代のとき、ちゃんと自分の情報発信メディアを作っといてよかった…」

 

90歳になった自分がそうシミジミと感じられる、土台となる基地。

 

絵の魅力やビジネスへの活かし方、絵を描く楽しさが伝わるHowto記事…そんなブログを着実に育てて行きたいです。

ブログにできることは、色々あるからこそ、迷走する

「収益化」「仲間づくり」「情報発信」「承認欲求を満たす」

…ブログで実現できることや、メリットは本当に沢山あります。

 

「PV」「滞在時間」「キーワード」「デザイン」…

その上やり込みたくなる要素もまた色々あります。

 

やりはじめると楽しい反面、迷宮にはまってしまう落とし穴がいくつか存在するんですね。

 

サブの(副次的な)ブログのメリットは全部捨てよう!という話ではありません。

 

ただ、サブの魅力に惑わされていないか。

 

一番大切な「自分にとってのブログの目的が薄れていないか、時々考える必要があります。

 

ブログを夢を叶えるツールにする為に必要な、たった1つの事はこれ。

 

自分はブログでこれをやりたい!と思うコアとなる目的を決して見失わないこと。

 

続けていくうちに姿を表す、ブログのさまざまな魅力に翻弄されず、夢を第一にしてください。

 

ブログ初心者の方、それから1年前の今頃ブログを始めた自分にガシッとつかんで言いたいです。

 

フリーランスの自分メディア作り、地道に頑張ります

私はまだまだ1年目ですがリアルな失敗談をまとめてみました。

 

もちろんブログの一番の目的は人によって本当に様々

 

「広告収入で生活の足しにしたい」

「読んでくれた誰かを笑かすために!」

「保活で大変な思いしている人と繋がりたい」

 

私の場合は1番の目的が、原点に帰ってみると「イラストを見てもらいたい」でした。

 

PV数や収益が上がっても、何百時間かけて頑張っても、自分の目的と合致していないとブログの手応えって感じられない…。

 

このシンプルな事に、1年かけてようやく気づきました。

 

ここから心機一転、夢を実現できるブログを、しっかり育てて行こうと思います。

 

これからブログを始めたい方へ、何か役に立つ発見があればブログにまとめて行きますね!

 

フリーランスの自分メディア作りの道!がんばります(`・ω・´)

軌道修正のきっかけになった本

ブログが書けない!わたし何がやりたいんだろう?…モヤモヤの軌道修正にすごく役立ったおすすめ本です。

エッセンシャル思考

エッセンシャル思考 [ グレッグ・マキューン ]

実は夫が買った本でした。何気なく読み始めたんですが、何度も何度も読み込んでハマってしまいました。

 

忙しすぎる、自分が何をやりたいのか見えなくなってる方にはすごくおすすめです。

 

コンテンツマーケティングの常識

小さな会社のWeb担当者のためのコンテンツマーケティングの常識 [ 染谷昌利 ]

プロの情報を発信して信頼を得る」「あなたが世界に伝えたいメッセージは何か」など、情報発信ツール・としてのブログの活かし方を詳しく解説した本です。

 

自分の中のホワワーンとしたブログ像が、一新しました。

 

具体的な事例も多く紹介されており、大きなきっかけになった本。ブログを戦略的に活かしたい方はぜひ!

自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう [ ちきりん ]
年末に買って衝撃をうけた本。2017年は幸せになるために時間を使おうとおもいました。

 

自分にとって一番貴重な資源はなにか?

夢や幸せ・家族と笑って過ごせる暮らしのための、生産性の高いアプローチはしているか?

 

ブログの方向性はもちろん、イラストレーターとしてどう働いて生きていきたいか、驚くほど気づきの多い本です。何度も読んでます。

ちなみにこんな絵を書いてる人です

イラストイラストと暑苦しく連呼したので、ちなみにどんな絵を描いてるヤツなのか、ちょいとご紹介させて下さい。

自然や子供・生き物を透明感のあるタッチで描いてます。

 

お仕事の実績では市役所などのポスター、小説の表紙等が中心です。

 

お仕事では作品のクオリティはもちろん、制作過程でもとにかくお客さんに笑いを届けたいという気持ちでやってます。(大阪生まれの土地柄か!?)

 

納品物で満足の笑顔、やりとりで爆笑…そんなお仕事を目指して頑張ってます。(何処を目指しているのか!)

 

取引件数は多い方ではないかもしれませんが、過去3年のお客様のリピート率は約90%です。(これぞきっと笑いのパワー!)

 

これまでのお客様にも、これから出会うお客様にも、満足と爆笑を求めてがんばりますので気軽にお声掛け下さい♪

 

 

 

ジャケットのイラスト

 

 

 

本業の画力も、ブログでの文章力・発信力もガンガン磨く1年にしようと思います!

 

絵も記事も、見ていただいた方に何か持って帰って行ってもらえるよう、心を込めて作っていくつもりです。

 

また気が向いたらブログに遊びに来て下さい~∩^ω^∩

 

SNSでもご購読できます。

Ad