赤ちゃんの耳掃除に耳鼻科にいったよ!子どもの耳垢取りまとめ

こんばんは、突然ですが赤ちゃん(乳幼児)の耳掃除って大変ですよね!

 

私の家では、子どもが1才頃から耳垢が目立つようになり、耳の中を見ると大きいのがごろごろ!

 

こ、これは取りたい…!とウズウズしていました。

 

今日は子ども(乳幼児)の耳垢を取る時期や方法についてお話したいと思います。

 

まず試したのは、粘着綿棒(ベビー綿棒)


ピジョンベビー粘着綿棒

 

耳垢取りたいっと思ったものの、耳の穴はめっちゃ小さいし、子どもはじっとしていないし、、、

 

ということで近所の薬局で見つけたのがこれ。

 

そう、ただの綿棒ではなく先端が粘着質になっているのです!

これできっと小さい穴の奥でも、先端がくっつけばするするとれるはず!と期待大だったのですが、なんとまるでくっつきませんでした。。

 

ここまで効果ないのか…と思えるほど空振り。

 

しかも子どもがか嫌がってしまい、結局ほとんど使えないままお蔵入りしてしまいました。

 

あくまで我が家の場合なので相性が悪かったのかも?

 

そもそも赤ちゃん(乳幼児)の耳垢取りって必要??

150809330849_TP_V

綿棒作戦失敗により、ふと思ったのが、そもそも赤ちゃんの耳垢取る必要なんてないんじゃないかということ。

 

なんたってあんな小さい耳穴で暴れる赤ちゃんの耳掃除するなんて現実的ではありません。

 

こういう時こそ役立つのがネット!調べると驚愕の事実が…

 

赤ちゃんの耳掃除は、耳の穴の入り口付近をさっと拭いてあげるだけで大丈夫。実は、耳垢は自然に耳の奥から入口へと移動してくるので、耳の入り口付近にある耳垢だけをふき取ってあげれば充分に清潔に保てるんですよ。
子育てハック様

 

 

つまり耳垢取りなんて必要ないんじゃーん。

 

ほとんどのサイトに同様のことが書いてあったので、すっかり安心した私たちは、完全に油断していました。

 

その日までは。

 

赤ちゃんの耳掃除をしないとこんなことに…!

846ba45936c33730d7c251505a56af08_m

ネットで耳垢取り不要と調べてから、約1年近くたったある日のこと、ついに私たちが動かなければならない日がきました。

 

保育園の先生

「◯◯(息子)くん、ちょっと耳垢がかなりひどくて…大丈夫ですか?」

「よかったら、耳鼻科で見てもらってくださいね。」

 

なぬー!耳垢って取らないでいいのでは!?

 

いやしかし百戦錬磨の保育園の先生からまさかのひとこと。

耳鼻科にまで行ってとらないといけないものなのでしょうか。

 

赤ちゃんの耳垢を放置するとどうなるの?

どうも耳垢を放置しすぎると、やはり耳から出てきてしまったり(これは見た目の清潔感の問題)、耳が聞こえにくくなったり(当たり前といえば当たり前?)、稀にお風呂の時に耳垢がふやけて鼓膜を圧迫したりすることがあるそうです。(これは私が昔聞いた曖昧な記憶…)

 

なんにしても保育園の先生に言われたからには、もともと取りたかったので耳鼻科に行ってみることにしました。

 

(耳垢って耳鼻科でとってもらえるんだね!)

 

驚きの耳鼻科テク!赤ちゃんの耳掃除離れ技

a80ba4ccec481e15507b7d67397425e5_m

そういうわけで子どもを連れて近所の耳鼻科へ。

 

初めて二人だけで行くのが耳鼻科というのは普段検診やら予防注射やら風邪やらで大変なママに比べてなんと楽なことでしょう。

…ってまさかの3時間待ち!?

 

どうも私の家の近所の耳鼻科は、周辺でも有数の超腕利き先生らしく、わざわざ遠方からいらっしゃる方も多いそう。

 

こんな病院に耳垢取りにきましたなんて言ったら嫌な顔されるのではないかと思い内心ヒヤヒヤ。

 

受付の方が笑顔で「もちろん大丈夫ですよ!」とおっしゃっていただいたので救われました。(^o^)ホッ

 

待つこと3時間、ようやく先生に診てもらえることに。

先生「耳垢ですね?お父さんしっかり抱いてあげててください。」

 

と次の瞬間、隣の看護婦さんがおもむろに息子のほっぺたを片手で鷲掴みにして固定。

 

ほっぺたつぶれとる!)^o^(

 

けど笑顔の息子!すごい!

 

続けて先生が細長いピンセットのようなものを息子の耳孔に突っ込むやいなや、次々と耳垢を取っていくではないですか!(シュタタタタ!!!)

 

でるわでるわ!そりゃー2年近く耳垢取ってないんですから出ますよねというくらいものすごい量の耳垢でした。

 

時間にして片耳わずか30秒程度、これはまさに匠の技。家では絶対できません。

 

そして最後に先生が優しく声をかけてくれました。

 

先生「赤ちゃんは耳垢とらなくても大丈夫ですけどねー耳垢見えてる時点で外に出てきてるってことなんですよー。でも気になるなら取りますよ―。」とのこと。

 

なんだ結局とらなくていいのかよ!

こうして3時間待った挙句1分で耳鼻科の耳掃除は終了したのでした。

 

気になる赤ちゃんの耳掃除の料金・費用

ちなみに料金は500円でした。まー耳掃除だしそんなものかーと思ってたのですが、妻に聞いたところ「乳幼児医療費助成制度?」とかで赤ちゃんはどんな病気でも一律500円なんだそう。

 

よく考えると初診料やらなんやら普通はもっとかかりますよね。赤ちゃんの特権ということで助かりました。

 

赤ちゃんの耳掃除まとめ

ネットからわかる保育園情報はたくさんあります。パパが協力してくれたら心強い!

今回学んだこと!

  1. 赤ちゃんの耳掃除は基本しなくてOK。
  2. 自分たちで耳掃除をするなら、入口付近を軽く清潔にする感じで無理しない。
  3. どうしても気になるなら、耳鼻科にいく。(一見の価値あり)

 

というわけで、今後はお蔵入りしていたベビー綿棒を引っ張りだして、入口付近を軽くきれいにしようかと思ってます。ちなみに息子の耳垢は約1ヶ月ほど経過しましたが、今のところまったく気になりません。よかった!

 

またなんか面白いことあったらレポしますね!

 

 

病院つれていくべき?こんなときって?子供のケアに悩む方へおすすめ本

 

SNSでもご購読できます。

Ad